MiniCLシステム

ほとんどの走査型電子顕微鏡や電子プローブマイクロアナライザと互換性があるカソードルミネッセンスイメージング。

メリット 研究の着目点 メディアライブラリ パブリケーション リソース トップに戻る
メリット: 

走査型電子顕微鏡(SEM)および電子プローブマイクロアナライザ(EPMA)で使用するための使いやすいカソードルミネッセンスイメージングシステム。MiniCL™システムはほとんどの地質試料のルミネッセンスに感受性を持ち、検出器は試料の近くに配置されるため、検出効率が向上します。  

  • 紫外線、可視光線、および近赤外線の各波長に感受性があるため、幅広い鉱物、セラミック、およびLED材料のパンクロマチックカソードルミネッセンスイメージングが可能
  • ベンチトップフラッドガンシステムと比べて高い空間分解能でのカソードルミネッセンスイメージ
  • あらゆるSEM倍率で使用して、堆積物源、圧縮度、続成史、自生鉱物および砕岩質鉱物、こう結作用史、起源など、堆積岩のマクロテクスチャおよびマイクロテクスチャを明らかにする
  • 二次および反射電子検出器や、エネルギーまたは波長分散型X線検出器など、他のSEM検出器とともに使用できるため便利
トップに戻る