BioQuantum K3 イメージングフィルタ

低歪のGIF Quantumの光学系とK3カメラが組み合わされることにより、クライオ電子顕微鏡法における分解能とコントラストを最大化します。

メリット 研究の着目点 メディアライブラリ パブリケーション リソース トップに戻る
メリット: 

BioQuantum™ K3™ イメージングフィルタには、高性能のポストコラム型エネルギーフィルタと直接検出型カメラの技術が組み合わされており、細胞組織化や微細構造の重要な情報が得られます。低電子照射量観察のアプリケーションに対して理想的なシステムであり、分子レベルでのシステム機能と疾患の進行に対する深い知見を得る上で有効な、クライオ電子顕微鏡法 (Cryo-EM) やクライオ電子線トモグラフィ法 (Cryo-ET) の能力を最大限に発揮します。

  • 最高のDQEを実現: より小さな粒子の観察、より確実な構造変化の検出、より低い照射電子線量での Cryo-ETの実現、 3 次元再構築におけるより高い分解能の実現
  • オプションのインライン、GPUによるモーションコレクション: テラバイト級の生データの保存が不要
  • 24 メガピクセル (5,760 x 4,092) の撮影視野: K2® カメラ比1.6倍
  • 1,500 フルフレーム/秒: K2 カメラ比3.75倍

Publications

Journal of Structural Biology
2019

Eisenstein, F.; Danev, R.; Pilhofer, M.

トップに戻る