クライオトランスファーホルダー

凍結水和試料のクライオトランスファーに理想的な試料ホルダー

メリット 研究の着目点 メディアライブラリ パブリケーション リソース トップに戻る
メリット: 

クライオトランスファーホルダーは、低温電子顕微鏡観察(クライオEM)用の凍結水和試料を低温下で移送し観察することが必要な用途で使用されます。

  • クライオワークステーションにより試料をホルダーにセットするための保護環境を提供
  • クライオシールドが凍結水和試料をカプセル化することによって、クライオワークステーションから透過型電子顕微鏡(TEM)への大気中での搬送時に汚染から保護
モデル番号
最低使用温度
ベリリウム製試料保持部
試料位置
試料固定
モーター駆動
ファラデーカップ
複数試料
-170 °C
以下
 
αチルト
Quickload™ (超薄断面仕様)
Clipring
™1 (標準断面仕様)
 
 
 
910
-170 °C
以下
 
αチルト
Splitring
メカニズム
 
 
2
915
-170 °C
以下
α、βチルト
Hexring®
メカニズム
βチルト
 
 
1 分析バージョンのホルダーではHexringメカニズムが使用されます。
2 HitachiおよびZeiss TEM用のホルダーでは、2つの試料位置が使用可能です。FEI、JEOL、およびTopcon TEM用のホルダーでは、3つの試料位置が使用可能です。

Publications

Scientific Reports
2016

Li, B.; Luo, X.; Deng, B.; Giancola, J. B.; McComb, D. W.; Schmittgen, T. D.; Dong, Y.

Journal of Structural Biology
2016

Zhang, J.; Ji, G.; Huang, X.; Xu, W.; Sun, F.

Molecular Biology of the Cell
2016

Oda, T.; Abe, T.; Yanagisawa, H.; Kikkawa, M.

リソース:

 
トップに戻る