TAC100およびTAC200シリーズ汚染防止装置

TEM内部の試料近辺のコンタミネーションを最小限に抑えます。

メリット 研究の着目点 メディアライブラリ パブリケーション リソース トップに戻る
メリット: 

TAC100シリーズ液体窒素汚染防止装置は、小型クライオポンプとして機能することにより、透過型電子顕微鏡(TEM)鏡筒内で試料付近の汚染を最小限に抑えます。TAC200液体ヘリウム汚染防止装置はヘリウム冷却ホルダーとともに使用されます。

  • 3ポジションのバヨネット式カラーを使用して、TAC100シリーズ汚染防止装置のブレードを必要に応じ完全に引き込み収納したり、TEM試料ホルダーの先端部近くに挿入可能
  • ブレードはシングル、ダブル、チューブラーのいずれかの構成が選択可能
  • ステンレススチール製の可動ベローズにより、対物レンズの試料付近をブレードが出入りする際の真空度低下を抑えます
  • 熱伝導棒およびブレードはTEM本体から電気的に絶縁されているため、ブレードを接触アラームに接続することで、試料ホルダーが傾きすぎた場合にユーザーに警告することが可能
モデル番号 冷媒 最低温度

標準装備の

金メッキ銅ブレード直径(mm)

オプション装備の

ベリリウムブレード直径(mm)1

ブレード位置 保持時間
TAC100 液体窒素 -180 °C
以下
1.0 0.5 3 6
TAC200 液体ヘリウム ~10 K 1.0 0.5 3 4
1ブレード状絞りの直径を示します。
トップに戻る