HoloWorksソフトウェア

フーリエ光学系シミュレーションが可能で、オフアクシス型のホログラム処理を容易にします。

メリット 研究の着目点 メディアライブラリ パブリケーション リソース トップに戻る
メリット: 

HoloWorksソフトウェアは、マルチコア処理向けに設計されており、可能な場合は独立スレッドを利用します。したがって、ワークロードをさまざまなコアに容易に分散することができます。GUI (グラフィカルユーザーインターフェイス)が大幅に向上しているだけでなく、基盤となるアルゴリズムおよびコードの改良により、研究目的のためにオフアクシスホログラフィのテクノロジをカスタマイズする機能を熟練ユーザーや初心者ユーザーが利用できるようになりました。50個あまりのメニュー項目には、次のようなライブ機能があります。

  • 位相、振幅、強度のライブ画像を毎秒複数フレームで表示
  • 像の等波面収差をインタラクティブに補正
  • 位相のライブアンラッピング
  • 高品質のホログラムの得る上で必要なフリンジコントラストを最適化するためのラインプロットディスプレイによる、フリンジコントラスト、ホログラム品質、フリンジドリフト(バイプリズムドリフト)のライブ測定
  • 厚さの測定(完全な非弾性粒子フィルタとしてのホログラフィの特性を利用)、および広範な平均内部ポテンシャルの組み込み済みのリスト(既知の90を超える元素/化合物)
  • 2π/100以上の位相分解能のためのデータキューブのライブ取得および処理
  • 正確な回折ピーク評価
  • 画像/タグ/履歴および結果"Results"ウィンドウで処理ステップおよびパラメータの一貫した追跡を行うことにより、データ再現性と処理再現性を実現
  • フーリエ光学系およびデータ追跡をサポートする追加のスクリプト関数(70以上)
HoloWorksのいずれか1つの関数の出力を、その他のHoloWorks関数のライブ入力として使用することができます。
このソフトウェアは、フーリエ光学系の教育に主眼を置き、教室で実際に使用いただいてみることを想定し開発されました。HoloWorksは、フォーカス値の変化、非点収差または球面収差の導入、多様な開口数の適用、暗視野像観察での実験まで、最先端の顕微鏡が備えるほとんどの機能を提供します。

このバージョンの改善点

  • Gatan Microscopy Suite®ツールとのシームレスな統合
  • ステータスを表示するライブメニュー項目
    • 画像を更新(または変更)
    • 画像内の既存の選択肢が移動
  • 数百行や数千行ものコードを書き直す必要がなく、組み込み関数を使用して独自のホログラフィスクリプトを記述可能
  • 2のn乗以外の画像および非2乗画像のためのフーリエアルゴリズムがサポートされているため、対称的な構造を選択したり非正方の画像に対するフーリエ変換像の非対称化を排除
  • スケールに依存せずオフアクシス型ホログラムを再構築し、メートル(m)からピコメートル(pm)までの大きな範囲で収差を補正
  • データをデータキューブにコピーする連続データ取得を行うことによって、ドリフト補正を併用したデータ平均化によるホログラムの改善
  • フリンジおよび対象のドリフトはサブピクセルのフリンジ精度で補正され、高倍率での観察におけるドリフトを補正
HoloWorksソフトウェアバージョン5は、光学半導体またはレチクル欠陥検出/検査を目的として使用するものではありません。

リソース:

 
トップに戻る