In-Situ Explorer

Gatan Microscopy Suiteソフトウェア内で、あらゆるその場観察に関わる制御とデータの取り扱いを実現します。

メリット 研究の着目点 メディアライブラリ パブリケーション リソース トップに戻る
メリット: 

その場観察は、現実の環境と外部刺激がどのように相互作用し、構造、特性、材料の処理に影響を与えるかを理解する上で有効なツールです。より正確な環境の再現と高速記録が可能となることで、その場観察から多様な情報を含む巨大なデータが得られるようになりました。そのためデータ取得や解析、処理、データマイニングにおける要求の高まりに応えることが求められています。

これらの急速な進歩に対する回答として、GatanはDENSsolutions社とのパートナーシップを通じてIn-Situ Explorerを開発しました。このソフトウェアは各機器の制御を一括して行い、その場観察における外部刺激と高い空間分解能と時間分解能で得られた像との間で関連付けを行うことが出来ます。ひとつのソフトウェアのインターフェイスから、In-Situ ExplorerはGatan社のISカメラ(K2® IS, OneView®とRio™​ IS)から得られる像と、試料ホルダー(DENSsolutions社製Wildfire, Lightning, Climateシステム)から得られる試料の変化に関わる温度情報を正確に結び付けます。

  • 統合された制御インターフェイス:Gatan Microscopy Suiteソフトウェアを通じて、Gatan社製カメラとDENSsolutions社製試料ホルダーのデータを取得、保存、そして解析することが出来ます。
  • 試料の温度をいつでも知ることが出来ます:実際の温度、設定温度、ヒーター出力のデータを全ての像に記録
  • 時間、温度、対象となる範囲からデータ抽出が可能:温度変化の履歴を示すグラフから、正確に解析を行いたいデータを探し抽出することが可能
トップに戻る