BioContinuumイメージングフィルタ

機能システムと疾患の進行に対する知見を分子レベルで深めるためのクライオEMやクライオETに最適化

メリット 研究の着目点 メディアライブラリ パブリケーション リソース トップに戻る
メリット: 

BioContinuum™はライフサイエンスの分野で最も強力な像観察の能力を有しています。BioContinuum™イメージングフィルタは、最新のフィルタ電子光学系をK3カメラの革新的な直接検出技術と組み合わせた装置であり、効率的な単粒子観察と細胞器官や超微細構造の研究を低電子線照射条件で実現するシステムです。低電子線照射条件における観察に最適であり、分子レベルでの機能システムと疾患の進行に対する知見を深めるクライオ電子顕微鏡観察(cryo-EM)やクライオ電子線トモグラフィ(cryo-ET)にBioContinuumは最適化されています。

  • 最高の量子検出効率(DQE): 低電子線照射条件下においても高いコントラストで小さな粒子の像観察
  • 最高の像観察スループット: 他社製品と比較して僅かな時間(6-20倍高速)でクライオEMの高品質なデータセットを取得
  • インテリジェントアライメント: 優れたアルゴリズムを採用することで超高速のゼロロスピーク(ZLP)センタリングとフィルタアライメントを実現し、初心者からエキスパートまで最適な光学系アライメントを提供
  • 市場で最も安定な光学系: 究極のZLPの安定性によって像観察を中断する必要なく安定したクオリティのデータを取得

  • 低像ひずみ: Continuumの最先端の光学系によって像ひずみを最小化しながら、K3™直接検出型カメラでの観察視野範囲を最大化
  • 1,500 フルフレーム毎秒: GIF Quantum® LS イメージングフィルタと比較し3.75倍の速度でデータ取得
  • 24メガピクセルの視野: GIF Quantum® LS イメージングフィルタと比較し1.6倍の視野を確保

リソース:

 

モデル1067

データシート

BioContinuumイメージングフィルタ

関連製品

K3 カメラ
Latitude S ソフトウェア
Elsa™クライオトランスファーホルダー

関連資料

ナイキスト周波数
線量分割および視野移動補正
カウンティングと超解像を用いたDQEの向上

Modulation transfer function (MTF) curves
  200 kV 300 kV

K3

CDS CDS
Standard Standard

 

 

 

 


ACKNOWLEDGMENT

Continuing our prosperous collaborations that built the K2, the K3 is the successful result of Peter Denes' team at Lawrence Berkeley National Laboratory and David Agard.

トップに戻る