In-situ

成長過程、化学反応と酸化、照射効果、機械特性、磁気特性、強誘電特性をリアルタイムで観察。

概要 製品 メディアライブラリ 研究の着目点 パブリケーション リソース トップに戻る
概要: 

in-situ顕微鏡法とは

In-situ透過型電子顕微鏡法では、透過型電子顕微鏡(TEM)の像観察機能をさまざまな外部刺激の作用と組み合わせてリアルタイムで結果を観察、計測します。現在では、多種多様なシステムおよびホルダーを利用してさまざまな刺激を与え、試料の触媒作用、相変化、その他の化学反応、電界、機械的歪みやナノインデンテーションによる変形、加熱と冷却、電子ビーム照射損傷の影響などの動的な反応を評価することができます。 

これまで、さまざまな反応や系の変化の映像はビデオテープに記録されてきましたが、最近のスクリーンキャプチャプログラムを利用すれば、低解像度の定性的なキャプチャ機能により、毎秒30フレーム(fps)ほどのビデオフレームレートで発生している事象を可視化することができます。これは、反応を実際に視認してリアルタイムで把握しなければならない研究者にとって重要な付加価値となっています。

高速データ転送機能と高速データ処理機能の実現により、今ではサイズの大きいデータセットをセンサーの出力装置から直接記録して管理できるようになりました。各ピクセルの情報をそれぞれのフレームで直接ディスクに格納して個別の画像として取り扱うことや、取得後にさまざまなアルゴリズムやスクリプト(画像積算、ドリフト補正、ビニングなど)を適用してシステムに加えられた刺激を定量化することもできます。これにより、非常に柔軟なデータ管理が可能となり、サブミリ秒の時間分解能により時間的にも空間的にも今までにない分解能が達成され、以前はわからなかった反応を解像できるようになりました。

                             

OneView® ISカメラで撮影したビデオ(左)とK2® ISカメラで撮影したビデオ(右)。

トップに戻る